現役情シスがお伝えするTips集

2020/08/22

【Googleドライブ】File Streamのエラーはキャッシュ削除で解消しよう

こんにちは。

今回はG Suite限定で利用できるGoogle Drive File Streamのトラブルシューティングについてです。

 

概要

PCを交換する際、データ移行のために「C:\Users\ユーザー名」フォルダを丸ごとコピーすることは良くあるかと思います。

このとき、旧環境でGoogle Drive File Streamを使用していると新環境でアプリが正常に動作しないことがあります。

症状は様々で例として以下のようなものがありますが総じてハマりやすいのが難点です。

  • 見た目はアプリ自体は起動しているがフォルダにアクセスできない
  • 何度もGoogleのログイン認証を求められる

今回はこのような不具合の解消法をお伝えします。

 

手順

結論から申し上げるとキャッシュを削除するだけで解消します。

手順は以下のとおりです。

  1. タスクトレイのGoogle Drive File Streamを右クリックして終了する
  2. アイコンが消えたら「%LOCALAPPDATA%\Google\DriveFS」を削除する
  3. スタートメニューからGoogle Drive File Streamを起動しログインする

以上で大抵のエラーは解消されます。

 

蛇足

詳しい仕組みはわかりかねますが旧環境のキャッシュが新環境で不整合を起こすようです。

いっそのこと移行前にキャッシュを削除しておいた方が良いです。

なお、この手の問題に遭遇するときエンジニアに相談するのは避けてできるだけ自己解決してほしいと思います。

なぜならエンジニアは原因追求に没頭し、しばしば現実に困っている利用者を置き去りにすることが多々あるからです。(自戒も込めてます)

悪気はないのですが、ビジネスシーンにおいては合理的とは言い難いので、利用者で解決する術を身につけるのも決して悪い話ではないと思います。

 

最後に、キャッシュの保存場所については以下を参考にしました。

G Suite 管理者ヘルプ > ドライブファイルストリームを構成する

 

場所: 日本

0 comments:

コメントを投稿